よく見られているページPOPULAR PAGES

ATTEMPT

カレッタでは、希少なウミガメを守るため主に5つの取り組みを行っております。

  • 教育・啓発活動 人種、国境、職種を問わずそれを望む全ての人に、博物館活動を通してウミガメを含む自然環境と人との共存の必要性を伝えていきます。
  • 町内の上陸産卵のモニタリング 古来より続く、砂浜でのウミガメの営みをデータ化して後世に伝えると共に、環境の変化や開発からの影響を読み取り、啓発することで、未来の砂浜環境の存続を目指します。
  • 混獲標識放流調査 地元漁師と連携して、海でのウミガメ状況や変動をデータ化して記録し、保全に役立てていきます。また、衰弱個体に関しては一時保護を行います。
  • 死亡漂着調査 海岸に漂着する個体を調査することで、人とウミガメの影響を定量化し、その変動を監視していきます。
  • アカウミガメの人工繁殖 博物館の飼育個体を用いて、絶滅が危惧されるアカウミガメの北太平洋個体群の資源数を回復させるべく、人工繁殖を目指します。

CROWD FUNDING

世界でも珍しいウミガメ専門の博物館「日和佐うみがめ博物館カレッタ」。
ここで暮らすウミガメたちが、より快適に生きていける空間に!

HOMETOWN TAX PAYMENT

国が進める地方創生の取組の中で、地方公共団体が行う地方創生の事業に対し、企業の皆様から積極的な寄附を行っていただけるよう、
平成28年度の税制改正において、地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)が創設され、令和2年度には制度の拡充・延長がなされました。

SDGs

カレッタでは、SDGs(持続可能な開発目標)の実現に貢献していきます。